風の子、海の子、自主まめっちょは会員制です。プログラムは、親子参加が基本となっています。親子で体験を共有・共感することで子どもたちの体験がより深いものになります。子ども集団の中で子どもたちは意外な個性を発揮することもあります。また、子どもたちが安心して活動できること、大人の目が多くなり安全確保ができること、親同士の交流ができることなど、たくさんの“いいこと”があります。日程や内容は、日程を見てください。

子どもたちの集団づくりや、ルールやマナーが守り、自然を大切にする、リスクをさけるために会員制となっています。
一般参加ができるイベントも優先的に参加できるよう配慮します。

参加できる方会員親子、じじ、ばば、いとこなど血縁関係にある方。夏休み、冬休みなどで遊びに来ている友人・知人の家族の参加は特別にOKです。
【持ち物】特別、用意するものがない限り、食器類、水筒、タオルをお願いします。わらべは一品持ち寄りです。自分の家族の分量で結構です。
【服装】季節を問わず、長そで、長ズボン、帽子でお願いします。帽子は白ぽいものが好ましいです。クロックスは不可、かかとが固定できる靴で。
2021年度から、自主まめっちょ会員は廃止され、里の家の会員となります。よろしくおねがいします。

お昼は野菜を収穫してみんなでつくって食べます

里山の暮らしの体験と自然あそび

  • 「風の子」基本、土日に開催します
    • 午前は野菜の収穫と調理になります。苗の植え付けなど畑の作業をすることもあります。薪割り、かまどに火を入れ薪釜ごはん、味噌汁をつくります。冬はクッキングタイプの薪ストーブで調理、ピザを約こともあります。午後は季節の自然あそび。ネイチャーゲームやターザンロープなどの講師を呼んで開催することもあります。

家族参加

参加費 親子ふたりで2,500円 ひとり増えるごとに500円
持ち物 食器類、着替え、タオル、水筒
申し込みはメール  info@satonoie.org
参加希望日と名前をお知らせください
※見学は参加費のみで参加できます。

プログラムの流れ

10:00 里の家に集合
 説明、畑の作業や収穫
11:00 調理・薪割りなど
12:00 お昼ごはん
13:00 森あそびなどのアクティビティ
15:30 終わりの会/ふりかえり
※都田川での川遊び、みかん狩りなど里の家以外での活動プログラムがあります。その場合は車で移動となります。

    

浜名湖の里を収穫して食べます

里海の暮らしの体験と浜名湖のアクティビティ

  • 「海の子」基本、土日、月1回開催します
    • カヤックやSUP体験、地元の方の協力で開催します。浜名湖の幸の収獲として、貝とり、魚つり、海藻とりなどをします。魚はさばいて天ぷらなどにします。収獲ができない場合もあり、お弁当もちになります。味噌汁はつくります。浜名湖には漁業権やルールがあります。海のアクティビティは潮の満ち引き、海水温、風などに影響されます。レスキュー資格のあるスタッフを配置して、安全に配慮したプログラムを実施します。台風や強風などの荒天が予想される場合は中止とします。場所は湖西市新所の交流スペースで、シャワー、トイレ、調理設備があります。

家族参加

参加費 親子ふたりで2,500円 ひとり増えるごとに500円
持ち物 食器類・お弁当、着替え、タオル、水筒
申し込みはメール info@satonoie.org
参加希望日と名前をお知らせください
※安全確保のためできるだけ父親の参加をお願いします。
※見学は参加費のみで参加できます。

プログラムの流れ

10:00 湖西市新所に集合
 説明、 釣りなどで収穫や生き物さがしなど
11:00 調理など
12:00 お昼ごはん
13:00 カヤックやSUPなどのアクティビティ
15:30 終わりの会/ふりかえり
※ライフジャケットのある方は持参してください。

    

会員さんたちの自主的な運営(一品もちよりのお昼ごはん、またはお弁当)

金曜日2回、日曜日2回の開催
自主まめっちょは主に3つのプログラムがあります

親子まめっちょ

金曜日、日曜日


これまでの自主まめっちょと同じスタイルです。自然の中で安心して遊んだり、田畑の仕事のお手伝いをしたり、里山の暮らしに触れたりします。野菜の収穫、森遊びはもちろん、夕涼み会、川遊び、ネイチャーゲーム、バザー、スペシャリストの先生によるミニ講座など楽しいことを計画しています。ママのための講座やパパが参加しやすい講座を企画していきます。親子関係だけでなく安心できる大人や友達がいることは、ひとを信じること、ひとに心を配ることに繋がっていきます。

こどもまめっちょ

金曜日


こどもたちとスタッフだけで過ごします。活動中はスタッフが子どもたちのサポート、子どもたちの成長を応援していきます。子どもたちがのびのび過ごし、遊びの世界や気づきや学び、主体性を大切にして、一人ひとりの興味関心を深めていきます。子どもたちは親と一緒の時とは違う一面やチャレンジを見せてくれます。里山の森、竹林、畑や田んぼ、ビオトープは四季を通じて、五感で感じる自然がたくさんあります。日常から失われた焚き火やかまどの調理、自然のもので遊ぶ感覚、たくさん歩くことは本能をつちかう土台づくりになります。

赤ちゃんまめっちょ

親子まめっちょの日に開催、年に数回


親子まめっちょの日に行います。赤ちゃんがいる会員さんでも参加しやすいプログラムにします。会員さんが講師となり、ベビーマッサージやだっこの話、わらべ唄、読み聞かせなどのミニ講座やワークショップをします。内容によって材料費や講師代が別途かかる場合があります。子育ての不安や悩みをシェアすることで、正しい子育てではなく、自分なりの子育てでいいんだと思える、気持ちが楽になったり、イライラが少なくなったり。そんな場をつくっていきたいと思います。

  • 自主まめっちょ(金曜日、日曜日 月4回)会員制
    • 自然の中でこどもをのびのび遊ばせたい。そんな思いの会員さんたちが自主的に運営しています。里の家に集まり、思いっきり遊び、たくさん食べ、おしゃべりしたり、休んだり。古民家と里山の自然に癒され、ひとと自然がつながる、そんな場が自主まめっちょです。
      • 参加対象 親子(夏休みなどの際は兄弟、姉妹の参加OK)
      • 参加費 500円/親1子1 ひとり増えるごとにプラス200円
      • ※お昼は一品持ち寄りとしたいと思います。家族分で十分です。みそ汁は里の家で用意します。
      • 一日の流れ
      • 10:00 里の家に集合
      •  森遊びや散歩
      • 11:30 古民家で昼食
      • 12:00 自由遊び
      • 13:30 終了
    • 申し込みはこちら selfmameccho@gmail.com(東井)
    • https://www.facebook.com/selfmameccho/

里の家の特別プログラム


薬草園の薬草茶やハーブティー


空間を満たす自家製アロマ


ガーデンの野菜を使った料理

養生カフェは、2020年度の浜松市創造都市推進事業として開始しました。2021年度は自主開催となります。赤ちゃんや小さな子どもたちと親、学生・青年のボランティア、自然遊びの好きな大人、高齢者が参加する多世代交流のプログラムです。それは、昔あった人と人のつながり、里山と人のつながりを取り戻す懐かしい体験です。

里の家を通じて知り合った福祉の専門家をはじめ、音楽療法の専門家や音楽家たち、薬草ハーブ・アロマテラピー、料理やセルフケアの研究家などの参画を得て実施します。里の家のフィールドや古民家、里山の暮らしそのものが回想療法になります。森の森林療法やガーデンの園芸療法も取り入れます。

  • 養生カフェ(1月、2月、3月の各1回を予定)
    • 薪ストーブに火を入れ、各回のテーマに合わせて特別に調香したアロマをディフューザーで空間を満たし、生の音楽に浸る。オーガニックな薬草茶で持ち寄りのランチ、ハーブティーと薪ストーブで焼き上げたスイーツでしめくくります。そんな特別な時間と空間を体験する養生カフェは、多くの専門家や音楽家が関わるプログラムです。
      • 参加対象 親子、じじばば、ボランティア
      • 参加費 5000円/親1子1 ひとり増えるごとにプラス500円
      • アロマ(フローラルウォーター100ml)、薬草茶のお持ち帰り付き